ちたキャン。知多半島&衣浦エリアを遊んで+食べる冒険ガイド

海道めぐる

のんびり武豊線電車旅。のんびり南吉の里ハイキング。

知多半島をのどかに縦断するJR武豊線の電車旅。電車を降りて新美南吉の世界をハイキング

※写真AC
※写真AC

1.大府駅でJR武豊線に乗車(名古屋駅から約15分。豊橋駅から約40分)

※写真AC

中央ホームで電車に乗り、大府駅を出発して電車に揺られてしばらくすると、左手には田園と工場が入り交じった独特の風景が現れます。

⇩"

2.高架となって街中を走り抜ける武豊線

※写真AC

尾張森岡駅からしばらく走って緒川駅が近くになると線路は高架となり、周囲に広がる住宅地の中を走り抜けて、ショッピングモールが見えて来ます。

⇩"

3.再び見えて来る田園風景と境川・衣浦湾の堤防

石浜駅から東浦駅の間は右手には住宅街と小高い丘、左手には田園地帯の遠く向こうに衣浦湾の工場群が見え始めて海へと近づきます。

※写真AC
⇩"

4.鉄橋からの眺めで伝わる衣浦の港町の雰囲気

※写真AC

田園と住宅街の中をしばらく走った後、亀崎駅と半田駅の間では半田運河などの鉄橋をいくつか渡り、海運で栄えた港町の雰囲気が伝わって来ます。

⇩"

5.駅前に広がる醸造の歴史・蔵のまち

※写真AC

半田駅で電車を降り、少し歩くと真っ直ぐと延びた広い道路に出て、テレビCMで有名な半田運河と蔵のまちへと向かいます。

⇩"

6.運河沿いの散策。和食と和菓子も有名です

※写真AC

半田運河沿い一帯には、歴史ある旧家の建物や黒壁が細い路地沿いに軒を連ねます。地元で有名な食事処や和菓子店での休憩も楽しみです。

⇩"

7.ビール工場の雰囲気を残した「半田赤レンガ建物」

※写真AC

蔵の街から紺屋海道を抜けると、やがて半田赤レンガ建物が現れます。かつてはビール工場の建物で現在は、カフェと展示施設が入ります。

⇩"

8.住吉神社から新美南吉の生家まではのんびりハイキング

半田赤レンガ建物を出てから新美南吉の生家まで、住吉神社の宮池や鳥居、境内を眺めながらの散策はのんびりハイキングにぴったりです。

⇩"

9.矢勝川の堤防を通って南吉記念館へ向かうと…

※写真AC

南吉の生家から矢勝川へ向かうと、10月初旬頃には川沿いの一帯に植えられた彼岸花のじゅうたんが広がり、南吉記念館近くまで続きます。